LG X Chargeのベスト10ワイヤレス充電器

新しいLG X Chargeを入手し、ワイヤレス充電をどのように追加できるか疑問に思いましたか? 結局のところ、micro-USBの速度はとてつもなく遅く、低品質のmicro-USBポートや簡単に破損するケーブルなど、さまざまな問題があります。 ただし、ワイヤレス充電など、はるかに信頼性の高いものが必要です。 実際、古い携帯電話にもワイヤレス充電を追加するのは非常に簡単です。必要なのは、携帯電話に接続できるQiレシーバーだけです。 これらのいずれかを取得したら、LG X Chargeで必要なすべてをワイヤレスで充電できます。

製品ブランド価格

アンカーAnker 10Wワイヤレス充電器Amazonで価格を確認する

CHOETECHCHOETECH Qi認定ワイヤレス充電スタンドAmazonで価格を確認する

サムスンSamsung Qi認定の高速充電ワイヤレス充電スタンドAmazonで価格を確認する

セネオSeneoワイヤレス充電器、Qi認定10W高速ワイヤレス充電パッドスタンドAmazonで価格を確認する

サージディスクSurgeDiskワイヤレス充電器Qi充電パッドUltra Slim Sleep-Friendly UniversalAmazonで価格を確認する

サテチSatechi Qi認定アルミニウムワイヤレス充電器Amazonで価格を確認する

*この表のリンクにはアフィリエイトリンクが含まれています。つまり、追加費用なしで、リンクをクリックして購入すると手数料が発生します。 ご支援いただきありがとうございます。 詳細については、プライバシーポリシーページをご覧ください。

LG X Chargeでワイヤレス充電を開始する準備はできましたか? 以下に従ってください。今日のワイヤレス充電器のベストピックをいくつか紹介します。 すぐに飛び込みましょう。

CHOETECH高速ワイヤレス充電器

リストの5番目に登場するのが、CHOETECH Fast Wireless Chargerです。これは、優れた速度、効率、安全性でLG X Chargeを充電する素晴らしいワイヤレス充電スタンドです。 CHOETECHのハイライトは、利用可能なさまざまな充電モードのすべてです。スタンバイモード、高速充電モード、そして標準の充電モードがあり、AIテクノロジーで自動的に選択されます。ケース、あなたが選択したQiレシーバーが可能です。 CHOETECHで問題なく高速充電できるはずです。

Samsungワイヤレス充電スタンド

サムスンのワイヤレス充電パッドは簡単に市場で最高のものの1つですが、多くのファンではない価格が付いています。 ただし、この最新のワイヤレス充電器は非常に用途が広いです。デフォルトの「パッド」モードで使用したり、通知などに注意する必要がある場合はスタンドに切り替えることができます。

電気的な問題が発生した場合にLG X Chargeとワイヤレス充電器の両方を安全に保つための安全充電機能がいくつかあります。

サージディスク

最高のワイヤレス充電器の第3候補として登場するのは、SurgeDiskワイヤレス充電パッドです。 LG X Chargeをかなり速いレートで安全に充電できるものを探しているなら、これはあなたの路地にぴったりです。 SurgeDiskは実際にワイヤレス充電のスタイルに独自のアプローチを採用しており、基本的に木製の素材でできた大きな円形ディスクを提供しています。 本当に豪華なデザインです。 この特定のモデルは、Bamboo Editionワイヤレス充電器です。非常にスタイリッシュで、どこから入手したのか不思議に思う人がほとんどでしょう。 また、このワイヤレス充電器の明るい竹スタイルが気に入らない場合は、暗いクルミスタイルで手に入れることができます。

サテチ

2番目の候補として登場するのは、最新のSatechi Fast Chargeディスクです。 これはLG X Chargeの優れた選択肢であり、迅速で安全な充電を提供します。 設計面では、実際には円形ディスク形式の点ではSurgeDiskとかなり似ていますが、はるかにモダンなスタイルを採用しています。 現代のアプローチを楽しむ人は、ワイヤレス充電パッドが持っているアルミニウム構造を気に入るでしょう。 それは非常に魅力的に見え続け、金のアクセントは本当に同じように見えるワイヤレス充電器の海から目立っています。 デフォルトでは、アクセントは金色ですが、ローズゴールド、シルバー、スペースグレーのオプションから選択することもできます。

Seneoワイヤレス充電器

次に、Seneo Wireless Chargerがあります。 LG X Chargeに信頼性の高いワイヤレス充電器が必要な場合は、このスタンドがすぐ近くにあります。 LG X Chargeを一気に使い果たします。 ご存知かもしれませんが、Seneo Wireless Chargerは実際にはスタンドであるため、同時に充電しているときに通知や通話が着信したときに簡単に監視できます。 以下のリンクで確認してください。

今すぐ購入: Amazon

ベルキンブーストアップ

BelkinのBoost Upは6番目の候補として登場し、LG X Charge用の優れた急速充電ワイヤレスパッドです。 多くの人は知りませんが、BelkinはAppleと提携してBoost Upを作成しました。これにより、Qi対応のiPhoneモデルの多くに優れたワイヤレス充電ソリューションが提供されます。 ただし、Qiワイヤレス標準をサポートしているため、Qiがサポートされているすべてのスマートフォンで動作します。Androidでも動作します。 LG X Chargeを非常に迅速に使いこなすことができます。ワイヤレス充電パッドにセットするだけで、すぐに使用できます。

Anker高速ワイヤレス充電器

Anker Fast Wireless Chargerは、予算に優しい充電パッドが必要な場合に最適です。 この悪い男の子にLG X Chargeを設定すると、充電は非常に速い場所で行われます。 Anker Fast Wireless Chargerは、最高レベルの充電機能に加えて、現在市場で最も洗練されたオプションの1つです。 自宅やオフィスのスタイルにぴったり合います。 ご想像のとおり、ワイヤレスパッドの内部にもいくつかの安全回路機能があります。

Yootechワイヤレス充電器

次に、Yootech Wireless Chargerを見ていきます。 ワイヤレス充電器にお金をかけたくない場合は、これをすぐに使用できます。 デバイスを超高速で充電し、お使いの携帯電話の種類に応じて最大10ワットの電力を供給できます(携帯電話を自動的に検出できます)。 ご想像のとおり、回路内にも多くの安全機能があります。

Cubevit高速ワイヤレス充電器

Cubevitの高速ワイヤレス充電器がリストの次に登場します。従来の円形プロファイルを備えています。 ただし、上部にはかなりユニークなデザインがあります。 ただし、少し強力ではありませんが、LG X Chargeを安全に充電します。 この充電器は、お使いの携帯電話の充電用のチップセット最適化設定に応じて、最大7.5ワットの電力を供給できます。 Cubevitは実際にはプレミアム冷却用に最適化されています。ワイヤレスチャージャーには、熱を放散して物を冷やすための通気口があります。

Te-Rich Wood Qiチャージャー

そして最後に、私たちがついに見ているワイヤレス充電器ですが、そもそも最初に登場するのがTe-Rich Wood Qi充電器です。 これは、デザインの点でかなりユニークです。従来のプラスチックやポリマーで作られているわけではありません。 従来の木材または竹の色で作られた、スタイリッシュな外観のワイヤレス充電器は、LG X Charge(およびその他の互換性のある電話)に最大10ワットの電力を供給できます。 実際、ほぼすべてのQi対応デバイスを充電できます。

評決

LG X Chargeで利用可能な5つの最高のワイヤレス充電器を紹介しました。 Qiワイヤレスレシーバーを使用すると、充電機能を瞬時にアップグレードできます。これらのワイヤレス充電器のいずれかを使用すると、マイクロUSBの能力よりも間違いなく優れた充電が可能になります。

LG X Charge用のお気に入りのワイヤレス充電器はありますか? それは何ですか? 下記のコメントセクションでお知らせください。

製品ブランド価格

アンカーAnker 10Wワイヤレス充電器Amazonで価格を確認する

CHOETECHCHOETECH Qi認定ワイヤレス充電スタンドAmazonで価格を確認する

サムスンSamsung Qi認定の高速充電ワイヤレス充電スタンドAmazonで価格を確認する

セネオSeneoワイヤレス充電器、Qi認定10W高速ワイヤレス充電パッドスタンドAmazonで価格を確認する

サージディスクSurgeDiskワイヤレス充電器Qi充電パッドUltra Slim Sleep-Friendly UniversalAmazonで価格を確認する

サテチSatechi Qi認定アルミニウムワイヤレス充電器Amazonで価格を確認する

*この表のリンクにはアフィリエイトリンクが含まれています。つまり、追加費用なしで、リンクをクリックして購入すると手数料が発生します。 ご支援いただきありがとうございます。 詳細については、プライバシーポリシーページをご覧ください。